no-thumb

千賀のコト

蘇原店のコト

  • 2018年2月24日

    お子さまのメガネの保証

    18歳以下のお子さま限定『安心快適サポート

    『フレーム』+『レンズ』の一式でお買い求めいただいた方、

    『レンズ』のみをお買い求めいただいた方には

    安心快適サポート』がもれなくついてきます

    *『安心快適サポート』とは・・・

    お渡し日より『1年以内1回限り

    レンズを無料交換』する保証となります
    *度数が変わってしまっても『レンズを無料交換』いたします

    *他店で購入したフレームを持ち込み、レンズのみを交換(購入)した場合もついてきます

    但し、『安心快適サポート』でレンズを交換するときは、その持ち込みのフレームに交換しますので、
    『安心快適サポート』を受ける前にフレームを破損された場合、当店で扱ってないフレームですと保証が受けられません

    *メガネを紛失してしまった場合は受けられません

    *購入したフレームが使っていて『安心快適サポート』を受ける前に壊れてしまった場合はフレームをサンクスサポートにて半額で新品交換させていただきます。
    新品交換させていただいたフレームに対して、『安心快適サポート』が受けられます

    *お買い求めいただいた時が18歳でしたら『安心快適サポート』は受けられます

    *お値打ちセットにも『安心快適サポート』はつきます

    メガネ購入時に『ぎふっこカード』を提示していただくと5%OFF

    『眼科処方箋をお持ちの方』は、さらに5%OFFさせていただきます

     フレームが壊れてしまっても安心です

    お渡し日より1年以内1回限り『半額で新品交換』いたします

    各務原で子供のメガネのご相談は  千賀蘇原店まで

    2018年2月24日

    author:
    仙石 幸久

  • 2018年2月21日

    「耳の日」補聴器相談会 開催

    2月23日(金)より3月6日(火)まで

    メガネ、補聴器の千賀全店にて 「耳の日」補聴器相談会を開催致します。

    今まで、補聴器を使われた事が無い方、

    補聴器を使っているが買い替えを検討してみえる方、

    家族で聴こえでお困りの方がいらっしゃる方、

    ご相談だけでも構いませんので お気軽にご相談にお越し下さい。

     

    2018年2月21日

    author:
    伊佐治 利広

  • 2018年2月18日

    掛け時間が動かない②

    今回もエボルタ乾電池が原因!アルカリ交換後動き出しました。


    掛時計に使用して不具合を起し、蘇原店にご来店される方が増えてきております。

    注意!
    エボルタ乾電池は初期電圧が高いため動作不良が発生することがあるそうです。

    掛・めざまし時計に使用するため購入されることも多いみたいですが、不具合が起きる事もありますのでアルカリ、マンガン電池をお使いすることをおススメします

    2018年2月18日

    author:
    仙石 幸久

  • 2018年2月14日

    電池の減りがはやい?

    本日の問い合わせ。

    電話にてこんな問い合わせがありました。

    「最近、補聴器の電池の減りがはやいんですけど……。」

    補聴器用電池 寒い冬は電池の減りが早くなります。

    寒いところでは発電しにくい
    寒いと体が思うように動かないことと同様に、空気電池も寒いところでは発電しにくくなります。冬場に空気電池を使用する際には、寒いところに置きっぱなしにしないようにしましょう。空気電池が冷たいなと思った場合は、電池を手で少し温めてから使用してください。

    各務原で補聴器のご相談は  千賀蘇原店まで

    2018年2月14日

    author:
    仙石 幸久

  • 2018年2月10日

    久しぶりの東京!

    あさ8時過ぎに羽島駅を出発!

    何しに東京へ?

    実は補聴器技能者の研修に行ってきたんです。

    初ゆりかもめに乗って、目指すは有明

     

    東京もとてもいい天気でした。

    2日間の研修開始。

    運良く前の席で講義を受けることができ、今年に入ってから変更された内容などもありいろいろ学んできました。

    日々勉強ですね。                                                         千賀蘇原店  店長仙石

     

    2018年2月10日

    author:
    仙石 幸久