no-thumb

千賀のコト

蘇原店のコト

  • 2018年4月21日

    プラスチックレンズは熱に弱いんです!

    プラスチックレンズは熱に弱いです。
    高温になる場所では、装用や放置は避けてください。

    60℃以上に加熱されると、レンズコートにびび割れをおこすおそれがあります。

    夏場の車内(ダッシュボードや小物入れ)は厳禁
    サウナにメガネをかけてはいるのもダメです。

    ●ひび割れの仕組み●
    加熱されるとレンズ基材とハードコートは膨張します。
    反射防止コート、撥水コートなどは膨張しません。
    このため基材とハードコートに引っ張られる形で、
    コートの「ハガレ」ひび割れの原因になります。
     加熱されるとレンズは画像のようになります
    クラックレンズ表面に見える無数の細い線が「クラック」と
    呼ばれる現象です。
    カンひび割れ(クラック)のある状態でさらに加熱すると、フレームが圧力となり「カン」の現象になります。
    こうなるとレンズが破損をする場合もあります。
    レンズのコートがこうのようになってしまうと、レンズ交換するしかありません。

    2018年4月21日

    author:
    仙石 幸久

  • 2018年4月10日

    メガネレンズのお手入れ。

     千賀蘇原店  仙石です。
    拭く時はどのようにしてますか? 拭く
    拭く方のレンズの外側を持って、レンズ専用メガネ拭きでそっと拭いてください。拭く方の反対側を持ったり、力を入れすぎたりしますと、フレームやレンズの破損やフレームの変形の原因になります。レンズにゴミやホコリ等が付着しているときはまず水洗いし、ティッシュペーパーで水気を取り、レンズ専用メガネ拭きで拭いてください。さらにレンズクリーナーを使って拭きあげると汚れが付きにくくなりますよ。

     

    2018年4月10日

    author:
    仙石 幸久

  • 2018年4月3日

    お子さまのメガネの保証

    18歳以下のお子さま限定『安心快適サポート

    『フレーム』+『レンズ』の一式でお買い求めいただいた方、

    『レンズ』のみをお買い求めいただいた方には

    安心快適サポート』がもれなくついてきます

    *『安心快適サポート』とは・・・

    お渡し日より『1年以内1回限り

    レンズを無料交換』する保証となります
    *度数が変わってしまっても『レンズを無料交換』いたします

    *他店で購入したフレームを持ち込み、レンズのみを交換(購入)した場合もついてきます

    但し、『安心快適サポート』でレンズを交換するときは、その持ち込みのフレームに交換しますので、
    『安心快適サポート』を受ける前にフレームを破損された場合、当店で扱ってないフレームですと保証が受けられません

    *メガネを紛失してしまった場合は受けられません

    *購入したフレームが使っていて『安心快適サポート』を受ける前に壊れてしまった場合はフレームをサンクスサポートにて半額で新品交換させていただきます。
    新品交換させていただいたフレームに対して、『安心快適サポート』が受けられます

    *お買い求めいただいた時が18歳でしたら『安心快適サポート』は受けられます

    *お値打ちセットにも『安心快適サポート』はつきます

    メガネ購入時に『ぎふっこカード』を提示していただくと5%OFF

    『眼科処方箋をお持ちの方』は、さらに5%OFFさせていただきます

    各務原で子供のメガネのご相談は  千賀蘇原店まで

    2018年4月3日

    author:
    仙石 幸久

  • 2018年3月31日

    老眼鏡をかけると度がすすむ!?

    「老眼鏡をかけると度がすすむから、がまんしょう」
    こんな、がまんは、実は見当違いなんです。
    老眼は、老眼鏡をかけても、かけなくても、年齢によって一定の度数ですすんでいきます。近くを見る時ピント合わせをしていますが、これが、うまくできなくなるのが老眼。40歳を過ぎると、だれでもが老眼になり、年齢とともにすすみます。
    「スマホの文字がどうしてもボヤける」と感じたら千賀蘇原店までご相談ください。
    正しい眼鏡で、不自由のない毎日を過ごしたいですね。

    2018年3月31日

    author:
    仙石 幸久

  • 2018年3月24日

    新しいメガネなのに手元が見づらい。

    「このメガネ、作ったばかりなのになんだか近くが見づらいんです。でも、遠くはとってもよく見えるんですよ!」と時計の電池交換に来店されたHさんに相談されました。

    実はこれ、40代後半の近視の人にはよくあることなのです。40歳半ばを過ぎると、だれでも水晶体(レンズ)の弾力性が弱くなって、近くが見づらくなってきます。これが、老眼の始まりです。近視の人が、こんな時にメガネを新しくして、遠くがよく見えるように合わせると、近くが見づらくなることがあります。40歳を過ぎたら遠くを見る視力だけでなく、近くの視力も確認する必要があります。

    なんだか近くが見えにくいなと感じたら

    千賀蘇原店までご相談ください。

     

    2018年3月24日

    author:
    仙石 幸久