no-thumb

千賀のコト

本店のコト

  • 2017年9月22日

    バンコク日記 (11)

    3日目、色石を見た後、ツゥクツゥクで移動しました

    結構なスピードで、

    隣りを走っている車とか同じツゥクツゥク、おまけにバイクと・・・

    チョット怖かったですが、なれれば大丈夫かな?

     

    夕方だったので、まだお店とかは開いてはいませんでしたが、

    こちらも、『バンコクツアー』の際に、お客様がご希望なされば

    『おかまショー』をご覧いただける所です。

    この建物の中に、お店がいっぱい入っています。

    パシュミナからいろいろな物があるそうです。

    お値段は、交渉次第

     

    『おかまショー』はこんな感じ・・・?

    前回、バンコクでショーを見た方に聞くと、

    下呂温泉のアルメリアの方が、綺麗とか・・・

     

    その後、ホテルに戻る為に船着場へと行くのですが、

    おかしな空模様

    凄い雨

    船の中で、1時間は待たされました。

     

    バンコクツアーは、年明け2月頃?

    お天気はいいらしいので、ご安心下さい。

     

    ようやくホテルにたどり着き、

    さあ、お食事です。

    本日は、『イギリス大使館』

    エリザベス女王様                      若い・・・

    こちらでのお食事は、連続で・・・行きますネ

    赤いとうがらし、日本で言う「お漬物」感

    お酢の漬かっていて、けっこう癖になりました。

    最後は、ココナッツ&マンゴーのアイスクリームです。

     

    すべてのお食事に関しては、パクチー嫌いの人が多かったので、

    安心でした。

    嫌いな物は、注文しません。

     

     

    さて、4日目は・・・アユタヤ遺跡です

     

     

    『バンコク日記(1)(2)  / (3)   / (4)  /  (5)

    (6)/   (7)   /  ( 8  )   /  (9)    / (10)       』

     

     

     

    2017年9月22日

    author:
    山本 真理

  • 2017年9月21日

    TALEX勉強会(3)

    TALEX直営店 ショールームに到着!

    ショールームは幕末から続くメガネレンズ発祥の地、田島(大阪)にあります。

     

    ここではTALEXの偏光レンズ体験!

    併設されている工場の見学をさせていただきました。

     

    工場はこんな感じ!

    ショールームは、

    店の外には、

    こんな池があって、メダカがいっぱい泳いでます!

    TALEXの偏光レンズで見てみると、

    写真では分かりづらいですが、

    実際に体験するとメダカがバッチリ見えて、ビックリします。

     

    ビックリして、二度見、三度見、四度見!

    色を変えて、二度見、三度見、四度見!

    ビックリが止まりません!

     

    さらに、

    走ってる車のフロントガラスの反射も消えるので、運転手さんがバッチリ見えちゃいます。

     

    体験レンズを片手に車を見ていると、

    運転手さんが『何してるんだろぉ?』と、

    不思議そうにこっちを見ているのもバッチリ見えちゃいました!

     

    今は使っていないそうですが、

    昔のレンズ研磨機も展示してありました!

    なんだかロマンを感じますね。

     

    TALEXのキャッチコピーが

    『ほんとうのサングラスを、かけたことがありますか?』

     

    初めて見た時は本当のサングラスって何?って感じでした。

     

    品質の悪いレンズによって『偏光酔い!』なんて言葉がありますが、

    品質にこだわるTALEXの偏光レンズは、

    歪みを極限までに解消し、

    視界のひずみをなくすことで、

    長時間かけていても疲れない、

    偏光レンズだということが、

    体験をしてみて改めて実感しました!

     

    また

    この品質を損なわないような加工技術と

    ほんとのサングラスをお客様にお伝えすることが、

    私たちメガネ屋には求められると思います!

     

    体験やスタッフさんの熱い気持ちが聞けてとても充実した勉強会となりました!

     

     

     

    体験コーナーは千賀本店、千賀県庁前店に設置してあります!

    興味のある方は気軽に体験しに来て下さいね!

     

    2017年9月21日

    author:
    水野 晴郎

  • 2017年9月18日

    千秋(ちあき)

    こんにちは。

    今日、私が紹介させていただく商品は「千秋」(チアキ)です。

    「千秋」は、早川守彦氏のデザイン商品で、特に「螺鈿」が特徴です。

    早川氏は2013年に「現代の名工」に選ばれ、2014年には黄綬褒章を受賞しています。

    また、「螺鈿」とは漆塗りの上に、夜光貝やアワビなど真珠光沢と干渉色のある貝を文様に貼り付け、研ぎ出ししたものです。

    私個人的には、玉虫の羽根と螺鈿の組み合わせが好きです。綺麗な光沢のあるグリーンの色がたまりません。

    まさに芸術的作品になります。

     

    小話になりますが、早川氏は私と同じ、愛知県一宮市千秋町の出身でその地名から「千秋」と云う名を付けたとされています。

    郷土の芸術家の作品に個人的にも愛着がわきます。

    ぜひ、店頭でご覧ください。

     

     

     

     

    2017年9月18日

    author:
    春日井 崇

  • 2017年9月16日

    バンコク日記 (10)

    バンコクも3日目となり

    この日は、中央のビル屋上の金色ドームの所に向かいました。

    3日目のバンコクは、色石の日です。

    金色ドームのビルに歩いて向かい、

    30何階かでエレベーターを降り、お部屋に近づいたら

    部屋の玄関ドアの所に、何人かの人が順番待ちです。

    そう、この人達が色石を集めて、商売に来ているのです。

     

    部屋に通され、さあスタートです。

    机の上にある、白い紙

    この中に、色石が入っています。

    玄関の前に並んでいた人達が、持ってきた石です。

     

    次から次にと、すごい数の石が出てきます。

    見た物は、隣りへと順番に渡していきます。

    この中から「いいな」と思った石は、別によけておきます。

    悩んだ時はよけておいて、後で品定めです。

    とにかく、石を見て見て見て、そして又見て・・・

    まだ、写真右下にいっぱい色石が置かれています。

    石を見るのは、夕方前までだそうです。

    なぜならば、自然光の中でいい物を探します。

     

     

    石は、色・透明度・傷 など・・・

    もちろん価格は大事なのですが、

    同じような石目(ct  キャラット)でも、形により

    見た目小さく、でも厚みのあるもの

    見た目大きく、でも薄いもの   とさまざま

    仕入れる時は、石の見た目(場面)も大事な要素です。

    製品に加工した際、同じ1ct(キャラット)なら

    見た目、それなりの大きさは、ほしいですよネ

     

    バンコクツアーのお客様も、ここで色石を見ていただきます。

    ご自分の目で見て、お選びいただけます。

     

    そして、この日のお昼ご飯

    あっさりとおいしかったですヨ

    デザートに『 マンゴーとココナッツミルクのもち米 』を

    いただきました。

    ごちそうさまでした。

     

     

     

     

    『バンコク日記(1)(2)  / (3)   / (4)  /  (5)

    (6)/   (7)   /  ( 8  )   /   (9)            』

     

    2017年9月16日

    author:
    山本 真理

  • 2017年9月16日

    TALEX勉強会(2)

    TALEX今川事務所に到着です!

     

    午前中はこちらで、偏光レンズの特徴やフレームとの相性、注意事項等分かりやすく教えていただきました。

    併設されている工場の見学もさせていただいたのですが、さすがに写真はNGでした。

     

    会場はこんな感じ!すっごいお洒落ですねぇ!

    緊張してましたが、

    スタッフの方たちのフランクな対応で勉強会に集中することができました。

    (皆さんありがとうございました)

     

    偏光レンズに対する熱意やこだわりがとても感じることができ

    私もお客様にこの熱意を伝えねば!!

    とテンション上がったところで・・・。

     

     

    次回

    午後の勉強会!

    直営店ショールームへ!

    2017年9月16日

    author:
    水野 晴郎