no-thumb

千賀のコト

商品情報のコト

  • 2020年1月13日

    TALEX オーバーグラスを作ってみました。

     

    この時期、車の運転をしていると、日差しは、強くはないものの、眩しいと思う事は、多くあります。

     

    しかし、メガネを常用していると、わざわざ、サングラスに掛け替えないといけません。メガネは、遠近両用にしてあるのですが、サングラスは、遠近両用にしてあるものがありません。

     

     

    確実に、一日ドライブに出かけるとわかっていれば、遠近両用のコンタクトレンズをはめて、度無しの偏光サングラスをはめて出かけます。ただ、そうでない時には、コンタクトは、使い捨てで、もったいないので、あまり使わないように、メガネで我慢したり、遠近両用でない偏光サングラスで辛抱したりです。

     

     

    今回、思い切って、偏光レンズメーカーの「TALEX」の遠近両用でサングラスを作ろうかな、とも思ったのですが、その前に、同じ「TALEX」社のオーバーグラスを作ってみる事にしました。

     

     

    まずは、「TALEX」社の 「オーバーグラス」と 度無しの偏光レンズを用意します。

    今回のレンズは、コントラスト重視のカラーで、「ラスターオレンジ」、6カーブ、オーバーグラスなので、中にはめるメガネがあまり透けて見えない様に、ハードマルチシングルコートにしました。

     

     

     

    袋から、レンズを取り出しました。

    偏光レンズなので、方向性があるので、横に水平に印が付いています。

     

     

    これから、加工です。

     

    まずは、加工機で レンズの形をトレースします。

     

     

     

    次に、加工機にレンズを挟み込んで削る為の吸盤を取り付けます。

     

     

     

    いよいよ、レンズを加工機にセットします。

    左の方に 挟み込まれています。

     

     

     

    右レンズ、左レンズと削り上がった状態です。

     

     

     

    レンズの仕上がりサイズを確認して、吸盤を外し、レンズのフチの面を落とします。

    そして、レンズに歪みが生じない様に確認しながら、手作業で最後の調整をして、レンズをフレームに入れます。

     

     

     

    キズや、歪みの最終チェックをしたら、完成です。

     

    以下、オーバーグラス用ソフトケース、オーバーグラス、レンズが入っていた袋、製品保証書、取扱いご説明書です。

     

     

     

    メガネと仕上がったオーバーグラスです。

     

     

     

    こんな感じになります。

    実際、お顔にはめると、横からは、光が入りにくいので、こんなに透けては、見えません。

    但し、あまり大きいレンズのメガネだと、装着出来ない場合があります。

     

     

    冊子「JAFメイト」や、冊子「サライ」の付録「大人の逸品」などにも掲載されていますが、店頭では、実物をご覧になり、お好みのレンズカラーを選んで頂けます。

     

    「TALEX」偏光レンズや、オーバーグラスのお求め、ご相談は、メガネの千賀 本店へどうぞ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2020年1月13日

    author:
    伊佐治 利広

  • 2020年1月2日

    リサウンド補聴器 グレードアップキャンペーン延長のお知らせ

    開けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

    新年早々からお値打ちな情報です。年末に行いましたリサウンド充電式補聴器「リンクスクアトロ グレードアップキャンペーン」が3月末までの延長が決定しました。

    電池式と違い普段の電池交換も必要なく、ケースに入れるだけで充電出来る為、メンテナンスが非常に楽になります。

    特別価格等、詳しくは店頭にてお尋ねください。なお、新春は1月4日からの営業になります。

    2020年1月2日

    author:
    村瀬 利昭

  • 2019年12月16日

    補聴器の掃除にお持ちください。

    補聴器の毎日のお手入れとして外した後、もしくは着ける前にブラシで耳栓の部分を音の出る穴を下に向けてブラシでお掃除することをお勧めしていますがそれでも毎日使っているとだんだん、耳垢が詰まってきます。

    耳栓にも小さな穴がたくさん開いていて耳垢が中に入りづらくなっています。この部分を下に向けて中のレシーバーの方へ耳垢が落ちていかないように掃除をしてもらいます。この部分は自分でも掃除できますがこの中にはまだフィルターが有ります。耳栓をはずすと

    レシーバーの音の出る穴にもフィルターが付いています。(白い十字になっているもの)

    穴の大きさは直径約1ミリ。ここまではなかなか自分では掃除できません。そして、ここが詰まれば当然、音は出なくなります。音が聞こえなくなった、もしくは聞こえが悪くなったと持って見える方の中にはここが詰まっている方が少なくありません。ご自分ではなかなか確認する事の出来ない部分ですので月に一度は店頭までお掃除にお持ちください。補聴器の乾燥と掃除、点検をさせていただいています。

    2019年12月16日

    author:
    村瀬 利昭

  • 2019年11月28日

    空気電池の電池寿命

    充電式の補聴器の割合は徐々に増えてきていますが今までお使いの補聴器では空気電池を使用しているタイプが圧倒的に多いと思います。
    そして、寒くなってくるとよく耳にするのが「電池の持ちが短くなった気がする。」というお話です。
    確かに補聴器の小型化に伴い使用する電池も昔に比べて小さなものを使用する補聴器が増えてきました。小型の電池は大きな電池と比べて当然寿命は短くなります。
    寒くなるとその電池寿命がさらに短くなる事があります。その原因は
    1. 気温が低くなる。
    空気電池は20度ほどが適温であり、5度以下になると著しく寿命が低下するそうです。冷えてしまった場合は体温で温めてあげるとまた回復します。
    2. 室内の二酸化炭素が多い。
    ストーブなどの暖房器具を使用し室内の二酸化炭素濃度が濃くなると電池寿命に悪影響を与えます。こまめに換気して二酸化炭素濃度が濃くなりすぎないように気を付けましょう。

    2019年11月28日

    author:
    村瀬 利昭

  • 2019年11月21日

    最近見なくなった物

     

    皆さんは、昔は、よく見たけど、最近見なくなった物って、何か思い浮かびますか?

     

    下の写真の物も、久しく見てみえないのではないでしょうか?

     

     

     

    色こそ変わっていますが、カメラのフィルムケースです。

     

    デジタルカメラ、スマートフォンでの写真撮影が ほとんどのこのご時世では、見かけませんよね。

     

    このフィルムケースは、実は、フィルムが入っていた訳ではありません。

     

    以前は、カメラや、カメラ用のフィルムで有名だったコダックですが、私共では、コダックのサングラスレンズを取り扱っております。

     

    ですので、レンズを注文すると、出来上がったレンズと共に、このケースの中に、メガネ拭きが入って届きます。

    中には、こんなメガネ拭きが入っています。

     

    私共では、サングラスをお作り頂く際には、偏光レンズをよく奨めさせて頂いております。

    とても、目に優しく、効果的に眩しさを防いでくれます。

     

    もちろん、有名なTALEXのレンズも取り扱っております。

     

    釣りや、ドライブ、ウインタースポーツなどで、目に優しいサングラスをお考えの方は、是非お気軽にお近くのメガネ、補聴器の千賀へ。

     

     

     

     

     

     

    2019年11月21日

    author:
    伊佐治 利広