no-thumb

千賀のコト

商品情報のコト

  • 2019年10月17日

    タレックス オーバーグラス

     

    車を運転される方なら、結構な割合で、加入をされているJAFは、ご存知でしょうか?

     

    車のトラブル時のロードサービスや、カギの閉じ込みなど 車関連で何かあった時に 大変心強いサービスですね。

     

    そのJAF会員には、毎月「JAFメイト」という会員限定の冊子が届きます。

     

     

     

    その裏表紙に載っているサングラスを ご覧になった事は、ありませんか?

     

     

     

    車の雑誌に載っているという事は、車の運転に 役に立つサングラスという事なんです。

     

     

    車の運転時に眩しさを効果的にやわらげてくれるのです。

     

    例1)

    日差しが強い時に アスファルトが白っぽく光って眩しい時、

     

    例2)

    車のダッシュボードの上にタオルや、紙が置いてあって、フロントガラスに映り込んで目障りな時、

     

    例3)

    前の車のリヤガラスが日差しの反射で 非常に眩しい時、

     

     

    そんな時に、そのタレックスのサングラスがあると 目の疲れが グッと減ります。

     

    但し、メガネを常用している方だと、別に度入りのサングラスを用意して、はめ替えないといけません。

     

    そこで、この冊子に載っている「タレックス製のオーバーグラス」が役に立ちます。

     

    今、掛けているメガネの上から、重ねて掛けて頂くだけです。

     

     

     

    大きささえ合えば、家族のどなたでも使えます。

     

    これが、結構、便利なんです。

     

    但し、このオーバーグラスと同等の品は、JAFメイトの通信販売だけしか買えない訳ではありません。

     

    タレックスレンズ特約店の メガネの千賀 本店、県庁前店の2店舗ならば、実物をご覧頂き、購入する事が出来ます。

     

    レンズの色も、変更する事も可能です。

     

     

    秋の紅葉狩りドライブを前に、おひとつ用意してみては、いかがですか。

     

    今月末には、せせらぎ街道の紅葉は、真っ盛りになるので、視界もクリアに 高山までの快適なドライブをしてみませんか?

     

     

     

    2019年10月17日

    author:
    伊佐治 利広

  • 2019年10月7日

    「音」が聞こえるのと「言葉」として聞こえる事は違う

    補聴器を使って見える方で「音は大きく聞こえるんだけど何を言っているのか分からない」という方はよくみえます。
    音が聞こえるかどうかは純音検査で色々な高さの音を出してどの大きさになったら聞こえるかで検査出来ます。この検査では音として聞こえる大きさは分かりますが「言葉」として聞こえるかどうかは分かりません。
    「言葉」として間違いなく聞こえるかどうかは語音明瞭度検査を行います。「あ」とか「う」とか実際の言葉を大きさを変えて聞いてもらって何パーセント正解するかを数えます。
    健聴者ですと音が十分な大きさになればほぼ100%正解することが出来ますが特に感音性難聴の方は音が大きくなっても明瞭度が上がってきません。正解率が50%しか上がらない方と90%まで上がる方では補聴器を付けたときの効果も違ってきます。
    また、正解率が90%まで上がるのに補聴器の効果が十分でない方は補聴器のフィッティングでもっと聞きやすくなる可能性もあります。
    今、お使いの補聴器で聞こえでお困りの方はぜひ、ご相談にお越しください。お待ちしています。

    2019年10月7日

    author:
    村瀬 利昭

  • 2019年9月19日

    補聴器は両耳装用がおすすめ

    補聴器を購入される時に片耳にするか両耳にするか、迷われる方がみえます。そんな場合、左右に大きな聴力差がある場合などを除き、原則として両耳装用をおすすめします。

    最近の補聴器は左右別々で仕事をするのでは無く、左右で通信し合いより高度な機能を実現するようになってきています。左右に入って来る音のほんの微妙な時間的なずれ、大きさの違いを捉えて音源の位置を特定しています。シグニア補聴器のOVC(オウン ヴォイス コントロール 自分の声を小さくする機能)などは両耳でないと全く機能しません。

    こういった高度な機能が無い補聴器でも片時より両耳の方が雑音下での聞き取りが上がる、片耳に入れる音が小さくてすむ、音の方向感、距離感が良くなるなど、多くのメリットがあります。迷って見える方はぜひ、ご試聴におこしいただいて自分の耳で試してみられることをおすすめします。

    2019年9月19日

    author:
    村瀬 利昭

  • 2019年9月5日

    充電式補聴器 好評です。

     

    認定補聴器技能者の伊佐治です。

     

    今回は、最近、増えている充電式補聴器のお話です。

     

    お家族、知人などに補聴器を使用している方がいらっしゃればご存じだと思いますが、補聴器は、電池で動いている物がほとんどです。

    ボタン電池で、大きさが4通りです。一部は、乾電池で動いている物もあります。

     

     

    ただ、補聴器の電池は、腕時計の電池などと違い、ご自身で、ちょくちょく取り替えて頂かないといけません。

    早い物で、1週間で一粒、長い物で、1ヶ月に一粒の交換が必要です。

    小さい電池ですので、取替えも面倒ですし、慣れないとやりにくいですよね。

     

     

    そして、電池を取り替えないといけないので、補聴器本体側には、当然、電池が入る所に電池ブタが有ります。

    そこが、少し気になるのが今の時期です。

     

     

    まだまだ、残暑が厳しいですよね。

     

     

    家庭菜園で 野菜のお世話をしていると、汗をいっぱいかきますよね。

     

    この汗が、電池ブタの隙間から補聴器内部に侵入して、補聴器を痛めたり、電池のサビに繋がったりします。

    補聴器を使った後は、しっかりと乾燥させる事が、補聴器のお手入れでは、重要です。

     

     

    ただ、最近の補聴器には、電池交換不要の充電式が増えてきました。

    使っていないときには、下の写真の様に充電器に置くだけです。

     

     

     

    充電式のメリットは、面倒な電池交換が不要なのはもちろんですが、電池交換用の電池ブタが無い事により、防水性が高くなります。

    それにより、、汗の影響による補聴器の故障が少なくなっています。

     

     

     

    そして、補聴器を外した時には、必ず、充電器に戻しておかないといけないので、置き場所が決まって、補聴器の紛失も少なくなったとも言われます。

     

     

    一部の充電式の補聴器には、こんなカッコいい形の物もあります。

     

     

    左端の白いのが、充電器兼保管ケースです。右の補聴器本体もスリムでオシャレですよね。

     

    充電式補聴器は、今のところ、耳掛け型のみですが、補聴器は、どんどん変わってきています。

     

     

    ただいま、メガネ、補聴器の千賀では、9月16日(月)まで、「敬老の日」補聴器セールを行っております。

    補聴器のお尋ねも お近くの メガネ、補聴器の千賀へ。

     

     

     

     

     

    2019年9月5日

    author:
    伊佐治 利広

  • 2019年9月2日

    「敬老の日」補聴器セール開催中

    9月16日は敬老の日です。それに合わせて、ただいまメガネの千賀では今月16日(月)まで「敬老の日」補聴器セールを開催中です。

    □ 自動車の中での話が、よく聞き取れない
    □ 人の話し声が小さいように感じる
    □ 周りからテレビの音が大きいと言われる
    □ 携帯電話の呼び出し音に気付かないことがある
    □ 人と会話をするのが面倒に感じる
    など、心当たりの方がお見えでしたらお気軽にご相談にお越しください。専門スタッフがあなたの聞こえやご希望に合わせて親切・ていねいにご相談に応じます。

    また、ご自宅でのご試聴も可能ですのでお気軽にご相談ください。

    2019年9月2日

    author:
    村瀬 利昭