no-thumb

千賀のコト

藤田 誠のコト

  • 2019年6月27日

    6月27日の雑学

    こんにちは、眼鏡部の藤田です。

    6月27日の雑学ということで、ネタを探していたんですが、なかなか

    見当たらないんですよね。

    その中で、「ガウディをはかる」というイベントが3月27日~6月30日まで

    東京都品川区 建築倉庫ミュージアムで開催されている記事を見つけました。

    ガウディといえば「サグラダ・ファミリア(聖家族教会)」ですよね。

    私が高校生の頃「サグラダ・ファミリア(聖家族教会)」

    完成するのは、2200年ごろと言われていましたが、

    最近では、技術の発達により2026年の完成予定と言われています。

    「おっ これなら生きている間に見れるかもしれない」

    未完の美学もわからないではないですが、完成した「サグラダ・ファミリア

    (聖家族教会)」は是非 見てみたい と思っています。

    完成すれば 世界で有数の建造物(すでに2005年にユネスコ世界文化遺産登録

    されています)になることは間違いなしです。その建築に日本人の彫刻家

    外尾悦郎氏が携わっていることも驚きです。(NHKスペシャルより)

     

    話は変わりますが、「未完の美学」といえば 「知恩院の未完の瓦」ですね。

     

    6月27日の雑学にはなりませんでした。さかしりまして失礼いたしました  m(__)m

    2019年6月27日

    category:
  • 2019年6月10日

    6月10日の雑学

    こんにちは、眼鏡部の藤田です。

    6月10日といえば、『時の記念日』ですね。

    千賀は、時計を扱っているので、もちろん『時の記念日』に

    関してのブログと思ってみえると思いますが、きっと誰かが

    『時の記念日』について上げると思いますので、敢えて別の

    テーマにしますね。

    今日 6月10日は『歩行者天国の日』です。

    『歩行者天国』とは、通常車道になっている道路を車両通行止めに

    して、歩行者に開放した道路、区間のことを言います。

    1960年代から1970年代の高度経済成長時代に自動車の急増による事故の

    増加や環境問題への配慮により、車優先から歩行者優先の道路交通への

    転換がきっかけとして始まったようです。初めて実施されたのは、1973年

    6月10日 銀座から上野までの5.5kmです。

    1973年と言えば、私が小学校高学年の年です。TVでカップヌ〇ドルを

    片手に若者が闊歩しているのを見た記憶があります。懐かしいです。

    時代が変わり今の『歩行者天国』は歩行者が出すゴミが問題になって

    いるようです。時代と環境が変わるとそれに対する問題も変化して行く

    ものなのですね。

     

    2019年6月10日

    category:
  • 2019年2月25日

    2月の雑学

    こんにちは、眼鏡部の藤田です。

    早いもので、今年も今日で56日が経ちました。

    所で、2月は、旧暦・新暦を問わず『如月(きさらぎ)』の別名が

    ありますが、由来として

    ・旧暦の2月でも寒さが残っているので更に衣服を重ねて着るから「衣更着(きさらぎ)」

    ・前年の旧暦8月に雁が来て、更に燕が来る頃から「来更来(きさらぎ)」

    ・陽気が更に来る月であることから「気更来(きさらぎ)」

    などがあるようです。衣服を重ねて着るから「衣更着(きさらぎ)」は以前に

    聞いたことがありますが、陽気が更に来る月であることから「気更来(きさらぎ)」と言うのも春が来る感じが出てていいですね。

    皆さんはどう思われますか?

    2019年2月25日

    category:
  • 2019年1月31日

    1月31日の雑学

    こんにちは、眼鏡部の藤田です。

    早いもので今年も1カ月が過ぎようとしています。

    ところで12月31日は「大晦日」と言いますが、毎月の末日は

    「晦日(みそか)」というのを、ご存知ですか?

    12月31日は1年の集大成の「晦日」で「大晦日」なるほどですね。

    では、ここで問題です。

    12月30日のことは何というでしょうか?

    答えは、「小晦日(こつごもり)」です。

    毎月の末日の「晦日」に対して末日でない12月30日は控えめに

    「小さい晦日」と呼ばれるのでしょうか?

     

     

     

     

    2019年1月31日

    category:
  • 2019年1月14日

    成人の日

    こんにちは、眼鏡部の藤田です。

    今日14日は、『成人の日』ですね。 新成人の方、おめでとうございます。

    『成人の日』は1948年に「1月15日は、大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする

    青年を祝い励ます日」と法律で定められているようです。もちろん現在は、2000年に制定

    されたハッピーマンデー法に基づいて1月の第2月曜日に改正されています。

    私も、数十年前に成人式で祝って頂いたことがありましたが、正直な所、成人としての

    自覚は当時なかったと思います。今の若い方は、どんな気持ちで成人の日迎えられるのでしょう?

    新成人の皆様、好む好まないに関わらず今日を持って大人の社会への仲間入りです。

    おめでとうございます。

     

    2019年1月14日

    category:
  • 2018年12月20日

    12月20日の雑学

    こんにちは、眼鏡部の藤田です。

    今日12月20日は、「ブリの日」です。

    ブリは「鰤」魚編に師と書きます。「師」から「師走」を連想させることと

    ブ(2)リ(≒輪=0)の語呂に因んでのことのようです。(リは、ちょっと無理がありませんか?)

    ブリと言えば、出世魚ですね。

    関東では、ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ

    関西では、ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ と変わります。

    では何故 名前が変わるのか?その訳は

    成長の早い魚類では、生まれて1年目・2年目・3年目と、同じ時期に漁獲されても

    それぞれ魚体の大きさが全く違うようです。大きさが変われば 味や用途などの

    商品価値そのものが変わってしまいます。そこで名前を変えて魚の状態を分かりやすく

    してあるようですね。

     

     

    2018年12月20日

    category:
  • 2018年12月3日

    12月の雑学

    こんにちは、眼鏡部の藤田です。

    早いもので今年も後1ヵ月となりましたね。

    日本では、旧暦の12月を「師走(しわす)」・「師馳(しはす)」と呼んでいましたが

    新暦でも 12月のことは「師走」と呼ばれていますよね。

    所でこの「師走」の由来は、ご存知の方も見えると思いますが、

    「お経をあげるために師僧が走り廻る月」から来ていると私も思っていました。

    でも、別の説として

    ・四季の果てる月であることから、シハツ(四極)月の説

    ・トシハツル(歳極・年果・歳終)からきた説 などがあるようです。

    でもやっぱり

    「お経をあげるために師僧が走り廻る月」がしっくりくるように思います。

    師僧も走り廻る月です。皆さん慌てないように気をつけて

    新年を迎えましょう。

     

    2018年12月3日

    category:
  • 2018年11月15日

    11月15日の雑学

    こんにちは、眼鏡部の藤田です。

    今日11月15日は「七五三」の日です。

    男の子は数えで3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年に、成長を祝って社寺に

    参詣する行事です。

    3歳は髪を伸ばす「髪直」、5歳は初めて袴をつける「袴着」、7歳は本仕立ての

    着物と丸帯という大人の装いをする「帯解」で祝うようです。

    天和元年11月15日(1681年12月24日)に徳川徳松(江戸幕府第5代将軍 徳川綱吉の長男)

    の健康を祈って始まったとされる説が有力ですが、時代が変わっても 子を思う親の

    気持ちは変わらないですね。

    2018年11月15日

    category:
  • 2018年10月29日

    10月29日の雑学

    こんにちは、眼鏡部の藤田です。

    今日10月29日は、1945(昭和20)年に日本で初めて「宝くじ」が

    発売された日です。

    当時は、「戦災復興」「戦後のインフレ抑制」を目的に

    政府主導で販売されたようです。

    因みに、宝くじは1枚10円で

    1等 10万円

    2等  1万円

    3等  1,000円

    4等   50円

    5等   20円

    現在の金額に換算すると1等の10万円は約280万円です。

    私も、毎週ロト7を買っていますが、当たりませんねぇ~

    当たったら当たったで あたふたすると思いますが、

    夢を買うつもりで楽しんでいます。

     

     

     

    2018年10月29日

    category:
  • 2018年9月20日

    彼岸の入り

    こんにちは、眼鏡部の藤田です。

    今日20日は『彼岸の入り』です。

    彼岸とは、春分・秋分をそれぞれ中日として前後各3日間のことを言います。

    今年は9月23日が秋分ですから今日20日が「彼岸の入り」になりますね。

    ところで、彼岸のお供え物として作られる「ぼたもち」と「おはぎ」は

    もともと同じ物(炊いたお米を軽くついて分厚く餡子で包んだお菓子)ですが

    呼び名の違いは、春の「牡丹」秋の「萩」から来ているようですよ。

    2018年9月20日

    category:
  • 2018年9月3日

    9月の雑学

     

    こんにちは眼鏡部の藤田です。

    今年の夏は本当に暑かったですね。

    9月に入りようやく暑さも収まってきたかと思えば

    台風21号が接近しているようです。(3日11:35現在)

    お気を付けください。

    ところで9月のことを旧暦では「長月(ながつき)」と呼ばれていますが

    その由来も諸説あるようです最も有力な説が「夜長月(よながづき)」を

    略したものだそうです。

    「夜長月(よながづき)」とは秋の風情ですね。

    秋の夜長にお気に入りの本を見つけてじっくり読むのもいいですね。

    もし本を読まれるとき見づらい(ピントが合いづらい)と感じられたら

    是非 メガネの千賀にお越しくださいね。

    快適に読書を楽しめるメガネをご提供できると思いますよ。

     

     

    2018年9月3日

    category:
  • 2018年8月13日

    8月の雑学

    こんにちは、眼鏡部の藤田です。

    早いもので8月も13日になりました。

    暑い日が続きますが、皆さま体調いかがでしょうか?

    ここで恒例ではありますが、8月の旧暦読み『葉月(はづき)』の由来

    についてご紹介したいと思います。

    『葉月』の由来も諸説あるようですが、有名な説は、木の葉が紅葉して落ちる月

    「葉落ち月」からだそうです。他には、稲の穂が張る「穂張り月(ほはりづき)」とか

    雁が初めて来る「初来月(はつきづき)」という説もあるようです。

    私としては、「木の葉が紅葉して落ちる月」というより「雁が初めて来る月」のほうが

    情緒があって良いように思いますので「雁が初めて来る月」を押します。

    立秋(今年は8月7日)も過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きそうです。

    くれぐれもお体を大切にお過ごしくださいね。

     

     

     

     

    2018年8月13日

    category:
  • 2018年7月19日

    7月の雑学

    こんにちは、眼鏡部の藤田です。

    7月は旧暦で「文月(ふづき・ふみづき)」と呼ばれ、新暦でも

    7月の別名として用いられていますね。

    「文月(ふづき・ふみづき)」の由来も所説あるようですが

    定説としては、7月7日の七夕に詩歌を詠んだり、書物に風を通すという

    習慣があることから来ているようです。

    また、稲の穂が付き始める月で「含み月」「穂含み月」からの説も

    あるみたいです。

    「7」や「七」は「しち」と言いますが「なな」とも言いますね。

    最近は「しちがつ」と発音すると「1月」と間違えることも考えられることから

    政府の公式発表でも「なながつ」ということがあるようです。

    確かに「しちがつ」と「いちがつ」よく似てますね。

     

    2018年7月19日

    category:
  • 2018年6月28日

    6月28日の雑学

    こんにちは、眼鏡部の藤田です。

    今日6月28日は『パフェの日』です。

    パフェとは、皆さんご存知の通り背の高いグラスに、アイスクリーム、フルーツを

    主体にして、その他甘い具材加えたデザートのことです。

    この「パフェ」という言葉 もともとはフランス語のparfait(完全な)

    から「完全なデザート」として名付けられたようです。

    ではなぜ今日が「パフェ」の日?

    実は1950年、巨人の藤本英雄が日本プロ野球史上初めて

    完全試合(パーフェクトゲーム)を達成した日に因んで

    決められたようです。

    「パフェ」も今となっては食べることもありませんが、

    子供の頃、喫茶店に連れて行ってもらって食べて感動した

    記憶が甦ります。

    言葉一つで思い出を紐解くのも悪くないですね。

     

     

    2018年6月28日

    category:
  • 2018年6月11日

    6月の雑学

    こんにちは 眼鏡部の藤田です。

    6月は梅雨の時期 ジトジト ベタベタでイやな時期ですね~

    ところで、6月は旧暦で『水無月』と呼ばれ、新暦でも

    この呼び方が使われています。梅雨で降水量が多いこの月に

    『水無月』とは ?ですね。

    所説いろいろあるようなのですが、有力とされている説をご紹介

    させていただきます。

    水無月の「無」は「の」という意味の連体助詞「な」で

    「水の月」と解釈するようです。「水の無い月」と書いて

    「水の月」とは何ともチンプンカンプンですが、これが

    日本語の奥深さなのでしょうか。

    いずれにしましても 梅雨で鬱陶しい時期ですが、梅雨明けを

    楽しみに待ちたいものです。

    2018年6月11日

    category:
  • 2018年5月24日

    5月24日の雑学

    こんにちは、眼鏡部の藤田です。

    今日24日は

    伊達巻の日です。

    厚焼き玉子などの寿司具を製造する千日総本社(現:株式会社せんにち)が制定。

    伊達巻の由来は、戦国武将・伊達政宗の命日にちなんだこととか普通の卵焼きよりも

    味も見栄えも良いことから豪華さや洒落ていることを意味する「伊達」から来ている

    ようです。

    普段はあまり目にしない「伊達巻」ですが、ダシの効いてふっくらした伊達巻が食べたくなりました。

    2018年5月24日

    category:
  • 2018年5月7日

    ゴールデンウィークの雑学

    こんにちは、眼鏡部の藤田です。

    皆さん今年のゴールデンウィークは、いかがでしたか?

    ところで、この「ゴールデンウィーク」という言葉

    NHKや一部の民放、新聞では使われていないことを

    ご存知でしたか?

    NHKが「ゴールデンウィーク」を使わない理由は

    ①映画業界用語だったから業界の宣伝になること

    ②年配者に分かりづらい

    ③カタカナを避けたい

    ④1週間より長くなることが多く、「ウィーク」はおかしい

    などだそうです。

    日常何気なく使っている言葉も調べてみると面白いですね。

    2018年5月7日

    category:
  • 2018年4月15日

    4月の雑学

    こんにちは 眼鏡部の藤田です。

    4月もいよいよ折り返しです。新生活いかがですか?

    日本では 旧暦の4月を『卯月』と呼び、現在の新暦でも

    この呼び名が使われています。

    『卯月』の由来は、卯の花が咲く月から来ているという説も

    ありますが、逆に『卯月』に咲く花だから卯の花という説も

    あるようです。卵と鶏の話ではないですが真相はどうなので

    しょうか?興味深いですね。

    4月は新年度・新学期の始まりです。

    新生活を楽しみましょう。

    2018年4月15日

    category:
  • 2018年3月18日

    3月の雑学

    こんにちは 眼鏡部の藤田です。

    早いもので3月も後半に入ってきました。

    日本では旧暦の3月を『弥生』と呼び、現在の新暦でも

    この呼び名が使われていますね。

    では何故『弥生』と呼ばれるようになったのでしょうか?

    所説あるようですが、草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月」

    (きくさいやおひづき)が短縮されて『弥生』になったようです。

    また3月は 桜月(さくらづき)花月(かげつ)とも言われ

    まさに春を象徴するような呼び方だと思います。

    また 3月は出会いと別れの時期ですね。何かと忙しい時ですが

    新しい生活を新しいメガネでスタートしてみませんか?

    ご来店をお待ち致しております。

     

    2018年3月18日

    category:
  • 2017年9月26日

    年に一度の宝石・時計・メガネの総合展示会『千秀会』開催

    千賀では年に一度、日頃のお客様に感謝の気持ちを込めて
    宝石・時計・メガネの総合展示会『千秀会』を開催いたします。
    ダイヤモンドやパールをはじめお値打ちな均一価格商品から
    普段店頭ではお目にかかれない商品を一堂に取り揃え皆様の
    ご来場をお待ちいたしております。

     

    日時:

    9月30日(土)AM10:00~PM7:00
     10月 1日(日)AM10:00~PM6:00

    場所:

    岐阜グランドホテル 2F  雪の間

     

     

    イベント① 時計マニア必見 この機会に是非「名工の技」を見てください

    厚生労働大臣表彰『現代の名工』平賀 聡氏による
    グランドセイコー メカニカルキャリパー分解組立実演(9/30のみ)

    イベント② あなたに「とっておきの写真」をプレゼント

    プロカメラマン(本美 安浩氏)による写真撮影会
    会場で気に入ったジュエリーを身に着けてとっておきの自分写真
    を無料で撮影していただけます。(10/1のみ)

    イベント③ この機会に「自分のカラー」を見つけてください

    メガネ相談会では、あなたにお似合いのカラーを色彩の専門家
    パーソナルカラー・アドバイザーがご提案いたします。

    イベント④ 特賞「JTB旅行券50,000円分」4本などが当たる 空クジなし

    豪華賞品が当たるお楽しみ抽選会

     

    ご入場には、「特別ご招待状」が必要です。「特別ご招待状」は千賀本店で
    お渡しいたします。ご興味のあられる方は千賀本店までご来店くださいませ。

     

                             千秀会委員長 藤田 誠

    2017年9月26日